[ ここからページに書かれている内容です ]

グループ理念

設立から今日まで、日本の魚食文化を代表するマグロ その価値をこれからも守り続けていくために

マグロは、日本の食卓で最も愛されている魚です。近年では、寿司や刺身といった日本食がヘルシーで体に良いとして、魚食に馴染みの薄かった海外の国々でもマグロが盛んに消費されています。

日本有数のマグロ産地・清水港に本拠を構える八洲グループは、水産業を担う漁業者の方々、流通を支える卸売市場の方々との絆を大切にしながら、マグロの保存技術や加工技術を磨き上げ、日本の魚食文化を代表する魚としての価値を守り続けてまいりました。しかし、冒頭に述べたマグロ市場のグローバル化とともに、漁獲枠や操業に関する国際的な枠組みが設けられ、格別の味覚である南鮪や本鮪の漁獲量は減少傾向にあります。また、生鮮食品の安心・安全に対する消費者の皆さまの関心も高まっています。マグロ操業を取り巻く情勢が確実に変化していく中、八洲グループでは、一船買いによるトレーサビリティの明確化、未使用部分を有効利用した健康食品開発へのチャレンジなど、マグロ専門会社として培った経験を今こそ生かして、時代のニーズにお応えしなくてはならないと考えております。
今後とも八洲グループへのご助力を賜りますようお願い申し上げます。

八洲水産株式会社
代表取締役社長 柴原 毅

グループ理念