[ ここからページに書かれている内容です ]

八洲水産株式会社(事業紹介)

独自の超低温冷凍でマグロの命「鮮度」を守る

八洲水産のマグロは味が良いと言われます。その理由は、水揚げされたマグロを自社の冷凍庫にすばやく運び入れ、船の魚倉よりも低い-70℃という超低温で保管して酸化を防いでいるからです。-50℃~-60℃が一般的な冷凍温度といわれる中、八洲水産では昭和54年から-70℃での保管を始めました。これは国内の水産会社では最も早い取り組みでした。
超低温によって品質を徹底管理し、マグロの命である「鮮度」を保つ。今日まで続くこの姿勢が、八洲水産の信頼の礎となっています。また、取り扱うマグロはすべて船名で管理し、漁場がいつでもわかるようにしています。水揚げされたマグロ

  • 本社冷凍庫
  • 水揚げの様子